« U-12 open skill training, 3 vs 3 or 3 vs 2 | トップページ | Process coaching, Case No.2 »

2013年5月10日 (金)

Process coaching, Case No.1

日時:20134

場所:大阪

クライアント:Uさん

 

評価指標:

1.目標をやりきった状態のイメージを鮮明にもつ。

2.目標をやりきるまでのプロセスを確立する。

3.目標をやりきるために必要な知識・技術を網羅する。

 

プロセス・コーチング

1.コーチングの対象の特定 → 起業の成功

2.到達点 → A歳までに、BのコンサルタントとしてNo.1になる。

3.目標達成までのプロセス → 明確に決まっていない。

C月に有料Dを行う。それまでに情報収集、D資料の作成。

・その他、ケースの蓄積、Eの関係者に話を聞くことを検討中。具体的な計画なし。

・自分自身のブランディングが必要と考えている。例えば、メディアへの出演。

4.あるクライアントを想定したケースの作成 → 1件目完成

5.クロージング → コーチングの継続

 

今後の予定・アクション

1.宿題

A歳に目標を達成した時のイメージを説明する。

C月に開催するセミナーで行う、15秒の自己紹介を完成する。

2.次回、F月にコーチング

 

Uさんコメント「もやもやしていたものがすっきりした。たくさんの気付きがあった」

« U-12 open skill training, 3 vs 3 or 3 vs 2 | トップページ | Process coaching, Case No.2 »

人財育成」カテゴリの記事

コメント

Uです。わたくしを取り上げてもらいまして、
ありがとうございます。
お互い成功しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Process coaching, Case No.1:

« U-12 open skill training, 3 vs 3 or 3 vs 2 | トップページ | Process coaching, Case No.2 »