« Process coaching, Case No.2 | トップページ | Model of entrepreneur, No. 1 »

2013年5月13日 (月)

Process coaching, Case No.3

日時:20135

場所:大阪 

クライアント:Hさん
 

評価指標:

1.目標をやりきったイメージを鮮明にもつ。

2.目標をやりきるまでのプロセスを確立する。

3.目標をやりきるために必要な知識・技術を網羅する。

 

プロセス・コーチング

1.コーチングの対象の特定 → やりたいことの特定

2.到達点 → 2014A月にBをテーマに有料Cを実施する。

3.目標達成までのプロセス → 明確には決まっていない。

・現在、趣味の範囲で知人のDを行っている。

・自信を付けるために勉強をする、ケースを蓄積する。

E月末までに自身のDをしてもらう。

F月末までに何かのイベントでDを実施する(無料、有料は未定)。

4.知識・技術の獲得 → D、参加イベントの特定と参加方法

5.クロージング → コーチングの継続

 

今後の予定・アクション

1.宿題

E月末までに自身のDをしてもらう。

2014A月にBをテーマに有料Cでの、15秒の自己紹介を完成する。

2.次回、G月にコーチング



Hさんコメント「たくさんの気付きがあった。Bで多くの人の役に立てる気がして来た。」

« Process coaching, Case No.2 | トップページ | Model of entrepreneur, No. 1 »

人財育成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Process coaching, Case No.3:

« Process coaching, Case No.2 | トップページ | Model of entrepreneur, No. 1 »