« Process coaching, Case No.1 | トップページ | Process coaching, Case No.3 »

2013年5月13日 (月)

Process coaching, Case No.2

日時:20134

手段:Skype経由 

クライアント:Iさん



評価指標:

1.目標をやりきったイメージを鮮明にもつ。

2.目標をやりきるまでのプロセスを確立する。

3.目標をやりきるために必要な知識・技術を網羅する。



プロセス・コーチング

1.コーチングの対象の特定 → Aとして起業する

2.到達点 → 2014B月に、年C円の価値を提供するコーチとして独立する。1人年間D円の料金。

3.目標達成までのプロセス → 明確には決まっていない。

・現在、EFにより見込み客を増やしている。

G月末までに有料Hを行う。

Gの翌月以降、EFHから月23名の顧客を獲得する。

4.知識・技術の獲得 → JKL

5.クロージング → 今後の予定の確認



今後の予定・アクション

G月末までに有料Hを行う。

M月中にLを知人から確認する。

Iさんのコメント「必要技術の棚卸が出来た、行動に移せそう。」

« Process coaching, Case No.1 | トップページ | Process coaching, Case No.3 »

人財育成」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Process coaching, Case No.2:

« Process coaching, Case No.1 | トップページ | Process coaching, Case No.3 »